大会観戦ガイド

画面の変化を見逃すな!

1. 体力ゲージ

現在の残り体力。
無くなると勝敗が決する最重要ゲージ。
体力差がついているとき、選手たちが大胆な行動をするようになるぞ!

2. スタンゲージ

ダメージを受けると増加。
ゲージMAXでスタン(気絶)状態に。スタンは操作を一定時間受け付けなくなる大ピンチ状態!

3. Vゲージ

ダメージを受けると増加。
ゲージが溜まると「Vトリガー」や「Vリバーサル」といった技が使用できる。一気に大ダメージを与えたり、ピンチの局面を切り返すことができる。
※次のラウンドには持ち越せない。

4. EXゲージ

技をガードさせたりヒットさせると増加。
1ブロックを消費し通常より威力や性能が強化されたEX必殺技が出せる。
※次のラウンドに持ち越せる。

戦いの基礎知識

「打 撃」…基本的な攻撃。
リーチの長い技もあるので、投げの間合外から攻められるがガードされると隙が生じる。

「ガード」…打撃に対してダメージを防ぐ。
反撃のチャンスを見逃すな!

「投 げ」…守りを堅める相手に有効。
一方的に投げることができるが、相手と距離を詰める必要がある。

戦いの基礎知識

勝負の流れをひきよせる見所ポイント

クリティカルアーツ

EXゲージを3ブロック全て消費して発動できる非常にダメージの高い技。
相手の連携に割り込むようにも使えるので攻守ともに強力。CA(シーエー)とも略される。

  • 【リュウ】
    真空波動拳

  • 【キャミィ】
    クロススティンガー
    アサルト

  • 【ガイル】
    ソニックハリケーン

  • 【ザンギエフ】
    ボリショイ・ロシアン・スープレックス

  • 【豪鬼】
    赤鴉空裂破
    (せきあくうれつは)

  • 【ベガ】
    アルティメット
    サイコクラッシャー

  • 【かりん】
    神月流 覇道六式
    覇者の型

  • 【ラシード】
    アルタイル

一発逆転
切り札

Vトリガー

Vゲージを最大まで溜めると発動でき、一定時間キャラクター特有の強力な性能を引き出すことができる。
本作の戦局を最も左右するシステム。

特有の技

Vスキル

キャラクターによって異なる特有のアクション。
打撃技や相手の攻撃を受け流すものなど効果は様々だが、どれも使用することでVゲージを溜めることができる。

危機回避

Vリバーサル

相手の技をガードしている時にVゲージを1ブロック消費することで出せる切り返し技。
相手の強力な連携によるピンチな状況で頼りになる。

よく出る実況ワード解説!

チャンス

相手がダウンから起き上がるタイミングに合わせて攻撃を仕掛けること。相手の動きを制限し、攻め続けることができる。 うまく起き攻めできたら「いいよいいよ~!」と声を出して選手を応援しよう!

空中の相手を迎撃する攻撃。空中では攻撃をガードできないので対空できれば好機。昇龍拳が代表例。 このとき「上が見えてるっ」と呟けば、eSports観戦上級者だ。

波動拳に代表される、気や衝撃波を発射する攻撃。「飛び道具」とも呼ばれる。遠距離から攻撃ができ試合を組み立てることができる。 弾をジャンプで躱して近づいてくる相手には「対空」で迎撃だ!

相手が攻撃を受けてのけぞっている間に連続で攻撃を当てること。連続技とも言われ大ダメージに繋がる。 相手に1回でもコンボを当てれば相手を倒しきれる状態を「一発圏内」と言い、実際に倒しきったコンボのことを「リーサル」と呼ぶ。

ピンチ

画面端に追いつめられると逃げ道がなくなり非常に不利な状況となる。さらに画面端限定の大ダメージ連続技もあるため一瞬で勝負が決まることも。 画面端をうまく脱したら「うまい!」と一言選手を労おう!

相手を跳び越すように空中攻撃を仕掛ける戦法。見た目と反対方向にガードしなくてはならず防御が難しく対空もし辛い。 実況例「めくりが通るぅぅ!」

ダメージを連続で受け一時的に操作不能になってしまう状態。スタン中にはさらに大ダメージコンボが確定するため勝負が決まることも多い。 ストIIからの格ゲーファンは「ピヨる」という言葉も使う。

反撃が難しい連続攻撃を仕掛けられ、ガードせざるを得ない状態のこと。画面端の状況と合わさると絶体絶命。

その他

相手に投げられそうになった時にタイミングよく自分も投げコマンドを入力すると投げを抜けられる。略してグラップとも呼ばれる

「固め」などの不利な状況を打破するために攻撃速度が速い技や、相手の攻撃を受け付けない無敵状態のある必殺技で反撃すること。

画面が暗くなり双方のキャラクターの動きが停止する演出のこと。特にVトリガー発動の暗転時間を利用して瞬時に相手の状況を見極め反撃するテクニックは「カンニング」と呼ばれることも。しかしこれはインチキではなく正当な上級テクニックだ。

コマンド投げの略称で、必殺技としてコマンド入力が必要な投げ技。 通常の投げ技と異なり投げ抜けができず非常に強力。ただし、空振りした時のスキも大きいため諸刃の剣でもある。