Division S :

  • 魚群
  • 魚群
  • 魚群
  • 魚群
  • 魚群
  • 魚群

Division F :

  • 魚群
  • 魚群
  • 魚群
  • 魚群
  • 魚群
  • 魚群

CAPCOM esports
をフォロー

ニュース

2023.07.19

【1st Stage 第3節】結果速報

【1st Stage 第3節】結果速報

7月18日(火)に行われた「ストリートファイターリーグ: Pro-JP 2023」1stステージ 第3節の試合速報をお知らせいたします。

▼「ストリートファイターリーグ: Pro-JP 2023」1stステージ 第3節ご視聴はこちら
https://www.youtube.com/live/FWEPWzxXhbA

  

MATCH 1:「Good 8 Squad」 vs 「魚群」 

■先鋒戦:カワノ選手(ルーク)(モダン) vs 水派選手(キャミィ)(クラシック)

今シーズン共に初出場となる二人の対決。両者初陣を勝利で飾りたいという強い意志が感じられた一戦は、1BATTLEずつを取り合う接戦となった。カワノ選手のモダン操作のルークが防御力の高さを見せるものの、水派選手のキャミィの攻撃がそれを上回った。勝負所の読み合いを制し、前のめりに攻め続けた水派選手が見事先鋒戦に勝利した。

■中堅戦:立川選手(ルーク)(モダン) vs まちゃぼー選手(ケン)(クラシック)

第1節で大活躍だった立川選手が、前回と同じくモダン操作のルークで登場。序盤からまちゃぼー選手のケンが繰り出すドライブラッシュに対しての差し返しや、画面端付近で打つドライブインパクトのタイミングの良さなど、終始試合の流れをコントロールする立川選手。最後もまちゃぼー選手を画面端に追い詰め続けて圧倒。立川選手がストレートで中堅戦に勝利し、今シーズン早くも個人3勝目を挙げた。

■大将戦:ガチくん選手(マノン)(クラシック) vs もけ選手(春麗)(クラシック)

前作『ストリートファイターV』では、同じキャラクターを使用していた者同士の意地とプライドがぶつかった大将戦。第1BATTLEは、もけ選手がガチくん選手の動きを封じ込め、あっという間に先取するも、第2BATTLEからガチくん選手がギアチェンジ。もけ選手の春麗を画面端に追い詰めて、圧力をかけながらじっくりと倒しきる。最後は、大胆にマノンのコマンド投げ「マネージュ・ドレ」2連発でフィニッシュ。丁寧な立ち回りと駆け引きの巧みさで大将戦に勝利した。

  

「Good 8 Squad」は第1節に続き2連勝。リーダーのガチくん選手と、エース立川選手の活躍で大きな30ポイントを獲得した。

  

MATCH 2:「名古屋OJA BODY STAR」 vs 「広島 TEAM iXA」

■先鋒戦:あきら選手(キャミィ)(クラシック) vs じゃじい選手(ルーク)(クラシック)

今シーズン初ポイントがどうしても欲しい状況で、両チームのオーダーは正反対だった。「名古屋OJA BODY STAR」はリーダーのあきら選手。対して「広島 TEAM iXA」はSFリーグ初陣となるじゃじい選手が登場した。
いかに相手を画面端に追い詰めるか、といった攻撃的な応酬を繰り広げる両選手だったが、最後はあきら選手の対応力と経験が勝った。リーダーあきら選手が、チームに今シーズン初ポイントを持ち帰った。

■中堅戦:オニキ選手(キンバリー)(クラシック) vs ACQUA選手(JP)(クラシック)

今シーズン初出場となったオニキ選手は、相手の対空攻撃を釣るフェイントなど、随所にACQUA選手のJPへの対策が見られたが、ACQUA選手のアグレッシブな攻撃を封じるには至らなかった。オニキ選手を画面端に追い込んでから、心の隙を付くコマンド投げ「アブニマーチ」が勝負の決め手となりACQUA選手の勝利。ACQUA選手はSFリーグ初勝利。こちらもチームに今シーズン初のポイントを持ち帰った。

■大将戦:KEI.B選手(JP)(クラシック) vs ストーム久保選手(エドモンド本田)(クラシック)

1stステージ上位進出に向け、チームの命運を分けるといっても過言ではない大将戦。試合開始序盤は、ストーム久保選手がドライブラッシュからの攻撃などで試合を優勢に進めていたが、KEI.B選手がエドモンド本田の「スーパー頭突き」に対してジャストパリィを取ったことで、試合の流れは一気にKEI.B選手のペースとなった。その後も高精度でジャストパリィを成功させ、さらに相手のバーンアウトを狙う戦略など、完璧なエドモンド本田対策を見せたKEI.B選手が圧巻のストレートで大将戦に勝利した。

  

「名古屋OJA BODY STAR」は待望の今シーズン初勝利。自ら大将戦出場に名乗りを上げたKEI.B選手がチームを勝利に導いた。

  

MATCH 3:「DetonatioN FocusMe」 vs 「Saishunkan Sol 熊本」

■先鋒戦:竹内ジョン選手(ジェイミー)(クラシック) vs ひぐち選手(ガイル)(クラシック)

序盤からひぐち選手のガイルを画面端に追い詰める竹内ジョン選手のジェイミー。しかし、ひぐち選手も簡単には崩されない。大事なところで無敵技を通すなど、ひぐち選手の防御面の駆け引きの上手さが目立った。竹内ジョン選手も積極的に攻め続けるもあと一歩が届かない展開が続く。終わってみればストレートでひぐち選手の勝利。ひぐち選手の安定感が勝負を決めた形となった。

■中堅戦:ナウマン選手(ケン)(クラシック) vs ネモ選手(JP)(クラシック)

第1BATTLE、第2BATTLEとお互いにクリティカルアーツを決めて1BATTLEずつを取り合う接戦となったが、最終BATTLEでは、ネモ選手の戦略がナウマン選手を圧倒した。ナウマン選手のドライブラッシュを潰す動きや、相手をバーンアウトさせる攻撃の組み立てなど、ドライブゲージ管理の駆け引きで上回ったネモ選手が勝利を挙げた。

■大将戦:ふ~ど選手(ダルシム)(クラシック) vs Shuto選手(マリーザ)(モダン/クラシック)

「DetonatioN FocusMe」圧倒的ピンチの状況で登場したふ~ど選手だったが、序盤からShuto選手が襲い掛かる。Shuto選手はモダン操作の強みを活かしたスーパーアーツによる差し返しや、マリーザが得意とする高火力のコンボ攻撃で一気に2BATTLEを獲得し、先にマッチポイントを握った。圧倒的劣勢の中、ギリギリ耐えるふ~ど選手は、フェイントを仕掛けShuto選手のスーパーアーツを誘い出すといった流石の対応力を見せ、逆に2BATTLEを奪い返す。大接戦となった大将戦を制したのはShuto選手。最終BATTLEに操作タイプをクラシックに変更し、マリーザの動きに変化を与えたことで勝利を呼び込んだ。

  

どの試合も激闘だったが、結果ストレートで「Saishunkan Sol 熊本」の勝利。昨シーズン同様リーダーと若手の活躍で、ポイントランキングも2位に浮上した。

  

  

戦績表
結果一覧

  

次回「ストリートファイターリーグ: Pro-JP 2023」1stステージ 第4節は、8月11日(金)19時から!

次回、「ストリートファイターリーグ: Pro-JP 2023」1stステージ 第4節は、8月11日(金)19時から「CAPCOM Fighters JP」の公式YouTube、Twitchチャンネルにて配信します。

試合開始前の18時40分頃からは、その日に行われる試合の見どころを紹介する「ストリートファイターリーグ: ウォームアップ!」を配信予定です。ぜひご覧下さい。

  • MATCH 1:「DetonatioN FocusMe」vs「CYCLOPS athlete gaming OSAKA」
  • MATCH 2:「Saishunkan Sol 熊本」vs「FAV gaming」
  • MATCH 3:「忍ism Gaming」vs「Good 8 Squad」

▼「ストリートファイターリーグ: Pro-JP 2023」1stステージ 第4節ご視聴はこちら

YouTube

https://www.youtube.com/live/CJSHtz6oJLY

Twitch

https://www.twitch.tv/capcomfighters_jp

STREET FIGHTER 6 (ストリートファイター6)

STREET FIGHTER 6

ストリートファイター6

ご購入はこちら